あいみのブログ

共働き夫婦の妻のズボラ生活

共働き夫婦の妻の、ズボラ生活をお届けします。

f:id:imino:20200530225505p:plain

はじめまして、あいみのと申します。

このブログでは、共働き夫婦の妻の、ズボラ生活をお届けしてまいります。

 

 

自己紹介

結婚3年目、33歳。 (2020.5月時点)

夫婦共働きの、二人暮らし。

 

楽観的で大雑把、ズボラな性格。

子供の頃から結婚した今でも、整理整頓や片付けが大の苦手。

 

家事は嫌いで、やらなくて済むならそれに超したことはないと考えています。

 

特技は三日坊主!

(生まれてから今まで、長く続けた習慣はおろか趣味すらもない。

唯一韓国アイドルをミーハー程度に愛でるようになって、4年くらい。)

 

健康や美容に興味はあるけど、

出来るだけ楽で効率のよさそうなものしかトライしません。

 

だらしない自分がイヤだった

 さて、新婚の新妻さん、または1人暮らしを始めた新社会人や大学生は

「家事を一生懸命やらなきゃ」と思い込んでいませんか?

 

仕事があったり子供がいれば、

家事と仕事や育児との両立に悪戦苦闘していると思います。

 

私は大学で初めて1人暮らしを始めました。


家事は苦手ですが、そんな私でも、大学生時代は苦手なりに家事をこなしていたんです。

 

それは、時間に余裕があったから。

 

部屋の掃除も週一で半日くらいかけてやっていたし、料理やお弁当も作っていました。

 

ところが、社会人になったとたん、どんどんと出来なく(やらなく?)なっていったんです。

 

もともとバリバリのキャリアウーマンに憧れていた私は、趣味やプライベートより、仕事に生きがいをおくタイプでした。


入社1~3年目の頃は、効率の良いやり方が分からず、仕事にとにかく時間がかかっていました。誰よりも早く出社して、終電で帰るような日々がしばらく続いたことも。

 

住んでいた場所が遠かったので、平日は6時半に家を出て、11時半頃家に帰る生活です。

まさに寝るためだけに家に帰っていました。


休みはしっかりとありましたが、疲れていたり友達と会ったりしていて、家事は後回しでした。

 

そんな生活も、しばらくしたら仕事にも慣れ落ち着いたのですが、いったんやらなくなった家事が復活することはありませんでした(^^;)))

 

社会人6年目くらいには食事は全て外食かコンビニで済ませ、部屋も誰も入れられないくらい散らかっていました。

 

ズボラだけど自分の汚部屋にはうんざり。この生活は変えたいと思っていました。

 

 

ズボラを肯定してみた

しかしそんな私の生活にも転機が訪れます。

30歳のときに結婚をし旦那様と暮らすことのなったのです。

 

汚部屋にうんざりしていた私は、新しい部屋で暮らせることにホッとしていました。

(きっかけがないと掃除もできない(^_^;))

 

と同時に、こんな怠惰な生活はもう続けられないとも分かっていました。

「でも、きっと私には、仕事を続けながら家事をこなしていくこはできない。」

 

そこで考え始めたのが

" いかに家事を楽にするか "

 

 「やりたくない」んだから、

最初からやらなくて済む方法

を考えていこうと思ったのです。

 

ここから私のズボラを肯定した生活が始まりました。

 

まとめ

ズボラを肯定した、私の「やらない」ズボラ生活は今のところ順調です。

そんなズボラ生活の様子を、このブログでお届けしていきます。

 

新妻さんや初めて1人暮らしをする若い人達も、少し肩の力を抜いて、こんな生活もあるんだなと参考にして頂ければ嬉しいです。

 

これからどうぞ、よろしくお願いいたします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。 よろしければ「読者になる」ポチっとお願いします🎵